メインイメージ画像

国内旅行をするなら新幹線を利用することをオススメします

テレビのニュースにもなるように、長期休暇に入れば、芸能人だけでなく、一般家庭の人も旅行に行く人が多くいます。海外旅行も評判がよいですが、それに劣らず人気なのが国内旅行です。近頃は海外より国内へ旅行する動きがあるため、より国内の魅力を楽しむ人が多くいます。

国内旅行での移動手段として主になるのが、飛行機と新幹線です。飛行機も新幹線もそれぞれメリットとデメリットがありますが、今は新幹線について見ていきます。



まず新幹線の長所ですが、それは停車駅が多くあることです。飛行機と違い新幹線の停車駅は、比較にならないほど多いので、一層目的地の近くで乗り降りできます。それ故、下車する駅から目的地が近いため、新幹線降車後の移動が都合よいです。他の利点としては、新幹線の場合、大きな天候の崩れがない限りは必ず動きます。台風や大雨、強風のケースは運転を見合わせることもありますが、だいたいの場合、新幹線は運行するのでスケジュールが立てやすく、停車時間も大きくずれることはほとんどありません。

確実に時間通りに目的地に到着したいと考えた場合は、新幹線の使用をオススメします。さらに子連れでの移動の場合は、幼い子供がぐずったり泣いたりする場合があります。飛行機は空間が狭く、歩行にも限界がありますが、新幹線なら甲板があるので、デッキで子供をあやすことが可能です。近頃の新幹線は授乳室もあるため、車掌さんに言えば授乳室を利用することもできます。子連れでの移動にむいているのは新幹線と言えます。



新幹線でのデメリットに関して見てみると、飛行機に比べて移動時間が長いことです。時間がかかることを気楽にとれる余裕があればいいですが、時間を持て余す人もいます。そういう理由で、長距離の移動の際は、暇つぶしの道具が必要になります。そして、同じ姿勢で長時間座っているため、下半身がしびれる人もいます。そういった対策を事前にとることで、新幹線の移動時間も楽しめる旅行ができればこの上ないのです。

更新情報